葉酸サプリには男性不妊改善効果も期待できる!

葉酸サプリは、最近は男性も摂った方が良いと言われています。葉酸サプリには、男性不妊の改善効果も期待できるのです!
MENU

葉酸サプリには男性不妊改善効果も期待できる!

一番に言えることは、不妊治療とはもちろん夫婦で支えあって行わなければいけないと言うこと。

 

私は昔から月経というものが年に1,2回程しかなく、それでも煩わしいものがないという風にしか考えていませんでした。そして結婚するころ旦那は子供は出来ないだろう、むしろいなくていいと言ってくれていたので、何も気にせず私はその内自然に出来るだろうと思っていました。

 

 

とりあえずは、月経が少なすぎるので月経を起こす薬を飲んでいましたが、結婚したことを機に、産婦人科の病院から不妊治療専門のクリニックを案内されました。その話をしていても旦那はそんなに興味がなく、お金がかかることを気にする程度でした。もちろん、初めの検査は一人だけ受けて男性側の検査はお断りしました。その時に一度、検査の中では一番痛いかもしれないという、卵管造影検査の時に、旦那について来てもらいましたが、待ち時間の長さにイライラし、それをなだめるのに苦労しました。おかげで、検査への恐怖やら緊張感はありませんでした。(笑)

 

 

そして、その当時まだ20代だったので、タイミング療法から始めました。どうやら無排卵月経だったみたいで、排卵誘発剤のようなものを飲んでも、なかなか排卵しないし、仕事をしていて毎日注射をしに通う事が出来ないため、自己注射をすすめられました。この自己注射にかかる費用が負担になりました。注射器等の購入費用と、1回の周期に何本以上になると保険がきかず自己負担になります。これが1本5千円以上はしたと思います。この頃から普通の高額医療を見てもそんなに高いものではないように感じる様になりました。

 

 

自己注射は、最初は抵抗もありましたが、痛みはほとんどないので、全くストレスにはなりませんでした。むしろここからが一番の私のストレス。排卵予定日の前後3日間夫婦でタイミングを持ってください、ということ。普段からそういう部分はおっくうになっていましたし、お願いするのも嫌でした。結局、3日も連続でとは言えず、排卵日予定の1日だけ伝える事にしました。今思えば、費用を費やしているのに、甘いことをしていたと後悔しています。しかしタイミング療法の最後のほうはその1回もつらくなってきていました。

 

 

もちろん、言うべきことは言わないといけませんが、その当時は、自分のせいで全てこうなっているんだと思い、誰にも相談せず、辛いと言ってはいけないと我慢していました。

 

こういう理由から、人口受精に移る夫婦も多いと知り、タイミング療法は1年ほどで一度お休みをし、4年後に人口受精から再開する事となるのでした。やはり、一人では到底無理です。

このページの先頭へ