男性の不妊治療にはどのぐらいの期間や費用がかかるの?

葉酸サプリは、最近は男性も摂った方が良いと言われています。葉酸サプリには、男性不妊の改善効果も期待できるのです!
MENU

男性の不妊治療にはどのぐらいの期間や費用がかかるの?

mamanic

まずは一般的な検査費用について知りましょう。

 

受けるクリニックによっても費用が異なりますので参考程度に考えましょう。

 

  • 基本精子検査(精液量、精子濃度、運動率、正常形態率を測定。)21600円。
  • 男性不妊検査(血液検査、尿検査、視診・触診・超音波検査。)32400円。
  • 精索静脈瘤低位結紮術 18万円

    男性不妊で最も多い精索静脈瘤は外科手術を受けると高額な費用はかかりますが、女性側に負担をかけずに妊娠しやすくなるのですすめる医師も多いようです。

  • conventional-TESE 10万円 MD-TESE 32万円

    無精子症が改善できない場合は精巣内精子採取術TESEで精巣から直接精子を取り出して卵子に受精させる方法もあります。Conventional TESE・精巣精子採取術とMD-TESE顕微鏡下精巣精子採取術の2種類があり、MD-TESEの方がより繊細が技術が必要とされています。

 

手術を行わない方法は?

 

これらの手術を行わない場合は一般的な不妊治療となります。

  • タイミング法

    排卵日を予測して性行為を行う方法。
    費用は数千円から1万円程度。

  • 排卵誘発法

    排卵誘発剤を使って排卵を起こして妊娠率を上げます。
    費用は1万円程度。

  • 人工授精

    精液を採取して状態のいい精子を抽出して細いチューブで子宮に入れます。
    1回につき約1~3万円かかります。

  • 体外受精

    卵子と精子を取り出して体外で受精、培養した受精卵を子宮に戻す方法。
    費用は10~100万円とその人によって大きく異なります。

  • 顕微授精

    体外受精でもうまくいかない場合、精子をガラスピペットを用いて卵子に注入して受精卵を作ります。
    費用は30万円~100万円と体外受精より高額になります。

 

治療も大事ですが、体質改善も大事です!

mamanic

このように治療方法も様々ですが、まずは体質改善が大事です。

 

どんなに高額な治療をしていても飲酒やたばこで体を壊していては意味がありません。
いきなりこれらをやめるのは難しいと思いますが、無事に元気な赤ちゃんを授かるまでは少しセーブしていく方向で考えて欲しいところです。

 

食生活の改善とともにサプリメントや漢方薬などを利用していけば自然と妊娠したと言う方も少なくありません。
ストレスをためることのないよう夫婦でよく話し合っていきたいですね。

 

 

このページの先頭へ